ソーダ・ファウンテン

題詠100首blogへのトラックバック用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

028:透明(宮田ふゆこ)

透明な湯をざぶざぶと押しのけて今日の心配事を沈める

PageTop

027:既(宮田ふゆこ)

既製服という概念を持つ祖母の米寿に贈る赤いフリース



既製服という概念を持つ祖母の米寿に贈るユニクロフリース


……事実をもとにした歌だったので、不用意に「赤い」を使ってしまったけど
赤といえば普通、還暦ですから、失敗ですね。
ウカツでした。

PageTop

026:コンビニ(宮田ふゆこ)

寄っていけとコンビニは言いきみの部屋で読んでたジャンプも読ませてくれる

PageTop

025:氷(宮田ふゆこ)

まだ氷が残るグラスをさげられる 夏の終わりはいつもこんなだ



まだ氷が残るグラスをさげられる 夏の終わりはいつもそんなだ

PageTop

024:天ぷら(宮田ふゆこ)

天ぷらを揚げる私に降りてくる私ひとりの夕立の音

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。